外壁・屋根塗装の塗料って??

こんにちは!ドルフィン利府店です♪

各社の電気料金の値上げが正式に決定しましたね。これからやってくる夏本番前の値上げとなるので、今から夏の電気料金が心配です…無理しない範囲で節電を心がけようと思います☺

本日は外壁・屋根塗装の塗料の種類についてご紹介します!

10年に1度が目安と言われている外壁・屋根塗装。外壁材、屋根材は表面の塗装によって防水性が保たれています。経年で塗膜が劣化してくると、機能低下につながるので定期的に塗り替えて機能を回復させることが大切です◎

外壁塗装をご検討するうえで、色や価格はもちろんですが塗料選びも欠かせませんよね。

塗料には種類があるので調べるだけでも一苦労。

しかし塗装工事となると価格も高額になってくるので妥協はしたくない…そんな方も多いのではないでしょうか。

今回は住宅に使われている主な塗料を簡単にご紹介いたします♪ 塗料は下のグラフのように耐用年数が低いものから高いものまで様々です。耐用年数が高いほど、価格も高くなっていきます。

  

○アクリル樹脂塗料

現在は新築時だけではなくリフォーム時にもほとんど使われていない塗料です。

発色が良く価格も抑えられるというメリットはありますが、耐用年数が低いため数年で塗り替える必要があります。

    

○ウレタン樹脂塗料

木材から金属まで塗る場所を選ばないのがウレタン塗料です。

しかし耐久性が低いことと、シリコン塗料との価格差があまりなくなってきていることから、あまり選ばれなくなってきている塗料になります。

  

○シリコン樹脂塗料

最も一般的でそれなりに耐用年数があり、カラーバリエーションも豊富な塗料です。

各メーカーからも数多くの製品が販売されています。しかし次の塗り替え時期までに十分な耐久性がない場合も。

  

○フッ素樹脂塗料

価格は高くなりますが、その分耐候性も高く寿命も長いフッ素塗料。

長期間にわたり変褪色、艶引けがなく、塗料の中では最上位品と言われています。

戸建てのみならず公共の建物にも使われている塗料です。東京スカイツリーにも採用されているようです!

  

以上のような特徴やメリットがそれぞれの塗料にあります!

当店では、シリコン塗料とフッ素塗料の間に位置すると言われている関西ペイントさんの「ダイナミックトップ」の塗料をおすすめしております♪フッ素塗料と同程度の高耐候性で、価格も抑えることができる塗料です。

当店で施工し、ダイナミックトップを使用した施工例のご紹介です♪

Before
After

発色もよく、とてもきれいに仕上がっております◎

ホワイトとブラウンのツートンカラーでより爽やかで明るいイメージになりました♪

外観が変わるだけでまるで新築のようですね!

外壁・屋根塗装をご検討中の方はぜひご相談ください!塗料の種類も含めて詳しくご説明いたします◎

ご来店お待ちしております♪

関連ブログ記事

ブログ記事一覧
  1. さくっと!1dayリフォーム

  2. リフォーム or リノベーション

  3. 無水調理鍋 Leggiero

  4. 【展示商品現品販売】

  5. 使いやすさ抜群!洗面化粧台

  6. 春の物置工事

PAGE TOP