リフォーム体験記①

4月からドルフィン八戸店に配属となりました、新入社員の佐藤です!

入社して1ヶ月半が経ち、職場の雰囲気や社会人の生活リズムにも段々慣れてきました。

仕事が休みの日は、高校時代から熱中しているラグビーでリフレッシュしています♪

現在私は、八戸ショールームで住宅やリフォームに関すること、ショールームの商品について猛勉強しております。

その中でも、「トイレ」についてはショールームでのお客様対応だけでなく、実際にお客様のトイレ工事の現場に立ち会う機会がありましたので、その時に感じたことをお伝えしたいと思います!!

その前に、まずリフォームについて、

工事の現場に立ち会う前の私は「故障や老朽化したものを、交換するだけ」と簡単に考えていました。

実際に現場へ行った時には、お客様と担当者がリフォーム内容・完成イメージを細かく確認しながら話し合うことが大切なことだと感じました。

工事終え、完成したトイレ全体を見て、とても感動しました。

リフォーム前は、タンクと便器がスペースを大きく占めていましたが、

リフォーム後は、タンクと便座が一体化したものに交換したことによって、コンパクトになりトイレを広く使用できるようになっていました。

そしてクロスや床を張り替えることで、照明を変えなくてもトイレ全体が明るく新しい空間へと変わっていました。

見た目でなく機能の部分では、リフォーム前のものと比べると流す水の量・電気の量をかなり減らすことができます!

このビフォーアフターを間近で見ていて、見た目が綺麗になったことはもちろん、機能の部分でもお客様の要望を叶え満足していただけるような素敵な提案を自分もしていきたいと感じました!

一人前になり、より良いリフォームの提案ができるよう、これから頑張っていきます!

リフォームについてのご相談は、ドルフィン各ショールームで承っております。

展示品も多く取り揃えております。皆様のご来店お待ちしております!

PAGE TOP