レンジフードどれにする?

ドルフィン盛岡店です。
盛岡も桜が開花しすっかり春めいてきました。

今回はショールームでもお客様から問い合わせの多いレンジフードの交換について
多機能な商品が多い中、改めて性能の違いをまとめてみました。

そもそもレンジフードを選ぶポイントは・・・

【レンジフードポイント】
◆今使っているレンジフードのサイズを把握する
 交換の際は同じサイズのものを!

◆形状は
・ブーツ型・・・シンプルなデザインで一般的に普及しているタイプ
        あらゆるキッチンに取付可能

・スリム型・・・スタイリッシュな見た目で人気があるタイプ
        内部の溝や継ぎ目がないので油が付きにくく掃除しやすい

・フラット型(浅型)・・・天井が低い場合や梁があるなどスペースに制限があるキッチンにおすすめ

◆ファンのタイプは
・プロペラファン・・・プロペラの羽根のような形状のものが回転し蒸気や匂いを吸い込んで
           直接屋外に排出するしくみ
           換気扇が外壁に接していることが条件

・シロッコファン・・円形の枠内に格子状の幅の狭い羽根が数十枚ついた回し車のような形状でダクトを通して
          自由な方向に安定して排気ができる
          キッチンを問わず設置可能

・ターボファン・・・形状、排気方共にシロッコファンと類似しているがシロッコファンより風量が強く
          換気効率を求める場合に向いている      

◆どんな機能がほしいか

・お手入れがしやすい
 フィルターレス・・・シロッコファンにより油を遠心分離
           専用のトレイに油が落ちるのでトレイを洗うだけでお手入れ完了
           (TOTO「ゼロフィルターフードeco」)

 セルフクリーニング・・専用容器にお湯をセットしボタンを押すと自動で洗浄してくれるので
            時短且つ手が汚れない
           (クリナップ「洗・エールレンジフード」)

 ワンタッチ着脱・・・ファンの掃除は10年に1回でOK
           さらにファンはワンタッチ着脱して水洗いが可能  
           (Panasonic「ほっとクリーンフード」)

・省エネ
 自動オンオフ/風量切替・・センサーで調理物の温度を検知し調理に合わせて風量を切り替える。
            (Panasonic「エコナビ機能」など)

・常時換気機能・・・電気代を気にせず常に換気。シックハウス対策にもなる。

◆キッチンの種類から選ぶ

・I型、L型の場合・・壁面取付タイプ
          掃除がしやすく臭いも広がらない。

・ペニンシュラ型・・横壁面取付タイプ           
          スリム型のタイプを選べば圧迫感が少なくセンス良く見える。

・アイランド型・・・天井取付タイプ
          天井だけで支えるのでグレードが高いが換気扇の音が筒抜けになるので
          静音タイプがおすすめ

形状や機能を比較し、我が家にぴったりのレンジフードを選びたいですね。
盛岡店でも常時展示していますので興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

関連ブログ記事

ブログ記事一覧
  1. 壁紙の役割

  2. 洗面化粧台どれにする?

  3. 展示品が新しくなりました!

  4. ハイブリッド給湯システムのあれこれ

  5. トイレ掃除が一番好き?

  6. マンションのトイレリフォームって?

PAGE TOP